風の里

風が醸す酒

造り手の想いは風に乗り
やがて飲み手の心に届く

四国の清流・肱川を吹き抜ける風のように
飲む人に颯爽と語り掛ける日本酒。

そんな酒造りを志し、私たち養老酒造は
大正十年の創業以来、「和醸良酒」を拠り所に
手作りにこだわりながら、酒に想いを吹き込んでいます。

その想いは風に乗り、飲む人の心に届くことを願いながら。

和醸良酒<わじょうりょうしゅ>
和の心は良酒を醸し 良酒は人の和を醸す

“肱川あらし”を海へ導く風のごとく ─いま再び、酒造りの風が吹き始める

“肱川あらし”は冬の寒い朝、霧が強風とともに肱川を下り、瀬戸内海に吹き抜ける、世界的にも珍しい自然現象。「風の里」を醸す養老酒造は、独特の地形が風を作り出す、愛媛県大洲市の肱川中流域にあります。

そんな肱川を2018年7月、西日本豪雨が襲います。水害で酒蔵を失い、酒造りを諦めかけていたとき、後片付けを手伝ってくれた人たちの温かさが、蔵人の心に“酒造りの情熱”という風を起こします。その風は今、大洲市肱川町から全国に吹き渡っています。

鵜洲

鵜飼の街の
大吟醸

鵜飼の街、大洲での
酒造りをあきらめない。

そんな蔵人の想いを込め

米も、酵母も、水も、
愛媛の素材にこだわった

フルーティーで華やかな
純米大吟醸。

純米大吟醸 鵜洲

純米大吟醸
鵜洲ushu

養老酒造の酒造り

その先の笑顔に思いを馳せながら、郷土の人々に育てられ百年。些細なことにも決して手を抜かず、“人の手で醸す酒”を追求し、創業当初から、その製法への信念を貫き続けています。

  • 吟醸酒ができるまで

    精米から出荷に至るまで、『風の里』の味わいは、すべて蔵人の手仕事によって生み出されています。

  • 酒蔵見学してみませんか?

    普段、あまり目にすることのない酒蔵の中。ここで私たちの酒造りに対する想いを体感してください。

上品なお酒のデザートできました

特別純米にごり酒をベースにした、ちょっと贅沢、甘さ控えめの大人のゼリーです。